ぃ横内ですっ!!! 今朝夢で何故か魔裟斗に髪を切ってもらうという奇妙な夢で目を覚ましました。 疲れているのでしょうか(笑) それはさておきまだまだ肌寒い日が続きますね、ニットをよく羽織るのですが今日はそんなニットで有名な英国が誇る老舗ニットメーカー「ジョンスメドレー」を、若干の疲労の色を醸し出しつつご紹介したいと思います。

 

ジョンスメドレーの歴史
1784年にダービシャー州マトロックのリーミルズにピーターナイチンゲールと共同経営者のジョンスメドレーによって設立されました。 村に流れる小川にかかるリーブリッジは、動力と一定の流水が手に入る事から理想的な工場の場となったそうです。
設立当初、綿花の紡績と生地造りに専念していましたが、18世紀の終わり頃には編み物や靴下製造にまで広げました。 この頃ナイチンゲール家は会社の資産を一部保有していたもののジョンスメドレーが単独で工場を経営するようになっていたそうです。
ちなみにこのピーターナイチンゲールですが、かの有名なクリミア戦争で献身的な介護活動をしたことで知られるフローレンス・ナイチンゲールの叔父にあたるそうです。

 

家族経営のジョンスメドレー
1819年ジョンスメドレーの息子であるジョン2世が工場で見習いとして働き、6年間の修行を経た後24歳で経営を継ぎました。 優れた行動力と先見の明を持ち「製品を完全に仕上げる為に必要な全工程は一貫して工場内で行い、原料には最上級の品質を用いるべき」という理念を掲げて工場の近代化と拡大を図りました。これらの方針が会社の成功の基礎となり今なおその理念は引き継がれているそうです。
有能な職人を増やし、今ではその職人達の子孫が工場で働いているそうです。

1875年に亡くなったジョン2世には後継者がおらず、事業は従兄弟であるJ.T.マーズデン・スメドレー(ジョン3世)が引き継ぎます。その二年後の1877年に彼が亡くなると、会社は息子のジョン.B.マーズデン・スメドレー(4世)に引き継がれました。 ジョン4世は会社の拡大をこれまで以上に進め、70年に渡って会長の職につきました。この間、最新の編み機を導入し、下着の生地からスイムウェアやナイトウェアへの取り組みに事業を拡大しました。このことが基盤となりニットウェアを海外市場へ進出させることになりました。

220年経った今でも変わらぬ場所にあり、事業の成長を支えてきた家族の大切さを継承しているそうです。

 

ジョンスメドレーの徹底した品質
ジョン・スメドレーは厳選された最高品質の原材料のみを仕入れる比類ない実績を持っています。ジョンスメドレーでは、ニュージーランド・メリノウールとジョンスメドレーズ・シーアイランドコットンという2つの素材から生産されているそうです。 ジョンスメドレーでは他社に真似の出来ない工程で、30ゲージという超軽量な編み目の細かいニットウェアを生産していますが、本物の高級ニットの証である完璧で綺麗なつなぎ目に仕上げる為に、ボディー部分と袖はなんと手作業でひと針ひと針つなぎ合わされているそうです。
編みあがった製品は、マットロック地区の豊かな水源からの水を使用し洗浄されますが、これは特有の柔らかい肌触りを製品に与える上で、重要な工程となるようです。 程よいフィット感と形を確実に出すために3段階のプレスをし、ジョン・スメドレーのラベルをつける最終工程まで手作業で行います。

 

 
こうして脈々と受け継がれる伝統というのは素晴らしいですね。私も一着もっているのですが、ちょっとお値段が高くてなかなか買えません。。。 いつか金額を気にせずに、そうそれはマイケルジャクソンのように「ここからここまで」という買い方をしたいと思います!! そんな日が来るように頑張ります。