年始にはよく初詣にいくのですが、それ以外ではなかなか観光以外の目的で神社やお寺に足を運ぶことはあまりない猪飼です。 意外と知られていない風習として、神社やお寺では多くの場所で御朱印帳(ごしゅいんちょう)という白紙ノートの様な物を持っていくと(または、そこで購入できる)その場所の職員や僧侶、神職からサインと判子の様な物をもらえます。 最近ではこれを集めるというコレクターの様な人もいるそうです。 ではなぜこのような文化ができ、御朱印はどのようなものなのでしょうか。 本日は日本の風習、御朱印と、それを書き集める為の御朱印帳をデザインという立場から観てみたいと思います。

1.御朱印(御納経)とは

 
  神社やお寺へ訪れた際、御朱印帳を携帯していき、販売所(又は窓口)で御朱印をお願いしますと言い、御朱印帳を渡すと、300円~600円程度で御朱印を書いてくれます。 書いてくれるのは、寺院や神社の職員、僧侶、神職さんです。 勿論人がいないような小さな神社や、御朱印をつけていない寺院等もありますが、ある程度の規模の場所では大抵日本全国でつけてもらえます。 この風習、実は元々、写経(お経を複写すること)をしてそれを奉納した人へ証明として渡された証だったそうです。 それが次第に簡略化され、お金さえ払えば御朱印が頂けるようになりました。 御朱印帳はジャバラのように開けるようになっており、一目で全ての御朱印が見えるような作りになっています。 自作のものでもいいようですが、基本的には神社や文房具店等で販売されています。 材質はお守り生地がより丈夫になったような布地で覆われ、大きなお守りのようでもあります。 昔はこの御朱印帳を神棚や仏壇に上げて保管していたように、大切に扱うべきものだといいます。

 

2.御朱印の今と御朱印帳をめぐる問題


  神社や寺院の訪問記念として扱える御朱印、これはただ観光で神社やお寺に行く人にとっては素晴らしい記念であり、各神社、寺院で異なる御朱印は集めているだけで楽しそうで魅力的です。 神社、寺院にとっても参拝者を増やす絶好のきっかけでもあるのに対し、あまりおおっぴらに販売されたり、広告されていません。 これは御朱印のルーツにあります。 元々信仰心を表すために各寺院や神社を巡って参拝し、写経をして収めることで証明として渡していたものだけに、スタンプラリーのように扱うべきではないという意見もあるのです。
 しかし現在大多数の神社や寺院は御朱印の簡略化に賛成です。 賛成派の意見としては「参拝に来るということにも意義がある」、「(外国人等の観光目的も含めて)多くの人に訪れてもらい、宗教に触れてもらうきっかけを作るという事が大切」というのが多数派です。 逆に反対派としては、「誰にでも、どんな紙にも御朱印を直筆で書き、スタンプを押すというわけにはいかない」、「次第に参拝の場ではなく、スタンプラリーのように異なった目的で訪れる場なってしまう」というものだそうです。
 また、御朱印の簡略化には賛成しつつも、「スケッチブックやメモ用紙のようなものには御朱印をしない」、「他宗派、他宗教のものと混ぜているものには御朱印をしない」などというポリシーのある場所も少数派ではありますが、存在するようです。

 

3.御朱印のデザイン


   そんな御朱印の取り扱いについては色々と複雑な御朱印ですが、デザインや発想としては完成されているものだと思います。 直筆のサイン+スタンプという証明物としての実用性と、赤いスタンプで黒い肉筆文字というバランスもよいと思います。 人によっては簡単なイラストを描かれる所もあり、バラエティーにも富んでいます。


4.御朱印帳のデザイン


   長い年月に渡って保管することを想定しての耐久性と、デザインを併せ持つ御朱印帳はデザインという観点からも興味深いです。 お守りの様に、日本独特の特殊な布に、プリント、箔押し、又は刺繍のようにしてしっかりと編みこんで図案が刷り込まれています(近くで見るとドットのように細かく糸の色が変わっています)。 伝統的な神社、寺院的なイラスト、文字、印鑑の図案が描かれることが多く、御朱印帳のデザインだけでも集めてしまいたくなります。

Related Post 関連記事
Nawa Kohei 名和晃平 感覚や思考を形にする実力派新鋭アーティスト こんにちは、夏真っ盛りですね。インターン生の森です。毎日暑いです。でも日本の夏特有の雰囲気や空気は大好きです。夕方の切ない感じとかたまらないですね。 さて、今回は感性や意...
梅佳代 (うめかよ) ありのままの日本を写すカメラマンらしくない若手カメラマン  ここのところ、漠然とでも「がんばろう」と思うアルバトロデザイン代表 猪飼です。 最近ちょっと暗い記事が多い気がするので、本日はなごみ系でいきたいと思います。 今日本で、そして...