依然厳しい寒さが続く中、皆様如何お過ごしでしょうか。 新年会も大分落ち着いてきた今日この頃、私もお酒を飲む機会が多いのですが、いささか飲み過ぎる傾向にあるので少し控えようと思います。「お酒は飲んでも飲まれるな」まったくで御座います。 さて今日はミステリーサークルのデザインをアルバトロデザインのミステリー担当、ミステリアス横内がご紹介したいと思います!

1,ミステリー・サークル
ミステリー・サークルとは、英国を中心に世界中で報告されている、穀物が円形(サークル形)に倒される現象、あるいは、その倒された跡の事を示します。円が複数組み合わされた形状や、さらに複雑な形状のものもあります。英語ではクロップ・サークル(Crop circle)という呼称が一般的になっているようです。

1980年代に謎の現象として注目され、宇宙人説をはじめとする様々な原因仮説が示されました。1990年代に入ってからは、製作者自身による告白や、超常現象懐疑派による検証が進み、人為的なものと考えられています。


2,ミステリー・サークルの形状
初期には単純な円形でしたが、複数同時に現れるもの長方形など直線的な部分を含むもの、大小さまざまなサークルが幾何学的配置で現れるものなど、次第に複雑化して行きました。 2000年以降は、更に複雑化し、人の顔やグレイと呼ばれるエイリアンの顔や、時空の説明と言われる図形などが出現しています。


3,ミステリー・サークルの発生原因
ミステリー・サークルの発生が頻度を増し、注目されるようになると、その発生原因に関心が持たれるようになりました。宇宙人やUFOを原因とする説が目立っていましたが、これ以外にも霊やオカルト・魔術と関連付ける説も唱えられました。さらには、こういったセンセーショナルな説に対して、より科学的な仮説としてマイクロバースト、プラズマを原因とする説も唱えられました。このような熱狂の中、あまり注目されない考え方が1つありました。特殊な手段によらず人為的に作られたもの、つまり「単なる悪戯」説とする見方です。しかし事態はある出来事によって一変しました。



4,ミステリー・サークル製作者の出現
1991年、イギリスの老人2人組がミステリー・サークルの最初の製作者として名乗りを上げました。そればかりか、彼らは簡単な道具と人力によって立派なミステリー・サークルが比較的短時間で作れることを実演してみせたのです。この実証により、現在ではミステリー・サークルは人間による悪戯と見なされるようになりました。  この2人の男性、ダグ・バウワー(Doug Bower)とデイブ・チョーリー(Dave Chorley)によれば、彼らは1978年頃からミステリー・サークル作りを行うようになりました。最初は年に1つか2つ程度でしたが、1982年頃から話題になり始めると作る個数を増やしました。最終的には250以上も作ったと見られます。なお、彼らが告白した理由は「クロップ・サークルを宇宙人や超常現象と結びつける人があまりに増えすぎたせいで国家を始めさまざまな公共機関でこの現象が議論され始め、自分たちのせいで税金が無駄にされるのは忍びないと考えたから」だそうです。  バウワーとチョーリーだけでは全てのミステリー・サークルの説明はつかないことも指摘されましたが、実のところサークルが世間で騒ぎになるとこれを真似て製作した人々が多数いたことが分かっています。

           
  
5,ミステリー・サークル出現時の謎の飛行物体
ミステリー・サークル周辺を浮遊する光の球が目撃されたり、それに関するビデオも多数撮影されていますが、いずれもいたずらか捏造であることが判明しています。これらは老人2人とは別のグループによるもので、懐中電灯に風船をくくりつけて飛ばしていただけだったそうです。

なにか夢を壊すようですが、ミステリー・サークルは人為的に作られたものであると言わざるを得ない状況のようです。ミステリーサークル発祥の地の英国でもクロップ・サークルという呼称が一般的らしく、ミステリーサークルなんて言ったら笑われてしまうかもしれせん。ただこういう事象の極々一部は実際に宇宙人が作ったと信じたいと思います。だってその方が単純に面白いしなにより素敵じゃありませんか!