こんばんは、アルバトロデザイン第三の男雨宮です。今日は代表猪飼と参謀横内が忙しいふりをして、ブログ更新を私にやらせようとしている雰囲気なので更新させていただきたいと思います。
本日は、最近巷で大人気、説明不要のアムスのイラストレーター、パラ(Parra)をご紹介いたします。Bird Yardをご覧のナウなヤングの皆さんはもうご存知かもしれませんが紹介いたします!!

1.Parraさんはこんな人

パラはアムステルダムを拠点に活躍するアーティスト・イラストレイターです。
彼の持ち味は、彼にしか生み出せない曲線的なラインとコントラストの効いたカラーバランス、ハンドドローイングによるオリジナルフォント、鳥の頭やグラマーな女性の身体などをモチーフにしたオリジナルキャラクターを組み合わせた彼の独特の世界観です。本国オランダのみならずパリ、ロンドン、バルセロナなどのヨーロッパの主要都市、及びアメリカ(NY、LA)での個展を通して瞬く間にモダンアートシーン、モダンカルチャーシーンを代表するアーティストの一人として認知される存在となりました。時代感覚を感じさせない彼の作風は”POST-MODERN DUTCH”と評され現在も沢山の作品を創り続けています。
パラの名前の由来は“Paranoia=パラノイア”のパラを取って付けたもので、鳥のキャラクターはParra自身をキャラクター化したものだそうです。

2.Parraさんのコラボーレーションに関する活動

パラは2000年からクロージングブランド『ROCKWELL』を設立しました。
アムステルダムの人気セレクトショップPATTAをはじめ、REED SPACE(USA)、SLAM JAM(ITALY)、COLETTE(FRANCE)といったセレクトショップ等、現在欧米圏を中心に展開されています。
その他にも、最近ではNIKEやVANS、enjoi、Tinbot、INCASE、フォルクスワーゲン、MTV、コカコーラ、ハイネケンといった企業ともプロジェクトを行っております。パラのシンプルな画風や、ポップな色遣いはどんな製品にもよくマッチしますね。

3.Parraさんの音楽に関する活動

パラは音楽活動も盛んに行っており、3人編成のエレクトロ・スリーピースバンド”LeLe”、また6人編成のユニット”Parra Soundsystem”名義での音楽活動も精力的に行っており、オリジナル音源、MIXCDのリリースや世界各国でのショウを行っています。さらにSTONE THROW、PASE ROCK、BIZ MARKIEなどのミュージックレーベル/アーティストへのアートワーク提供等、活躍の場を広げています。

Related Post 関連記事
ナイキのCM特集 ワールドカップからクリエイティブ広告まで仕掛ける世界トップ企業のCM    いつか映像の仕事も受けたい気持ちを忘れないアルバトロデザイン代表 猪飼です。 映画やショートフィルム、アートアニメーションやモーショングラフィックなど多くの映像を観れば観る...