アキラ 大友克洋による伝説的なコミックとアニメAKIRAの世界






本日より翻訳係からブログ主導権を取り戻したアルバトロデザイン代表 猪飼です。 久々の記事早々、書いた記事がPC不良で一瞬で全て消えてしまい、定期的にセーブをするという事の大切さを身に沁みて感じているところです。 定期的にセーブは最低1時間に1度はしないといけませんね。 さて、本日は世界的に人気の高い大友克洋のコミック&アニメ作品 AKIRAについてです。 個人的にも、最も影響を受けたマンガの1つです。 世界的に高い評価を受けているものの、意外と日本で知られていない感があります。 かなり男臭い内容のせいでしょうか。 本日はそんなAKIRAの真髄について紹介したいと思います。 

1.大友克洋とアキラの誕生

手塚治虫の絶対的な完成度を誇るマンガで日本じゅうがマンガの世界に夢を見ました。 稼げなくても、シェアが無くてもマンガが描きたい、こうして貧乏なマンガ家達が日本のマンガ界を引っ張り続けてきました。 こうして1980年代が近づくと、大人向けのマンガを描く漫画家達はよりリアルでシリアスな内容を好むようになり、絵のタッチのリアル化を模索していました。

大友克洋もその1人だったと言えます。 大友克洋は日本のマンガだけでなくフランスのジャン・ジローやアメコミに影響を受け、デッサン力を磨き、ペンだけで絶妙な陰影を表現する手法をマンガにぶつけました。 大友の絵は他の日本の漫画家には無いリアリティを持っていました。 また、現実主義であった大友はアジア人はアジア人らしく、小さな目で短足に、女性も容赦なく不細工に描き上げました。これに対し、大友は、「そういった(可愛い)絵柄も簡単に描けるが、描く理由もない。描かないと生き残れないなら描く」と語っています。(Wikipediaより)

こうした大友の徹底したリアリズムは日本の漫画界に革命を起こしました。 デフォルメして、コミカルに美少女、美少年を描く日本の漫画が根底から覆され、よりリアルでシリアスな大人の現代漫画が誕生したのです。 しかし大友自身はアメリカン・ニューシネマに強い影響を受けていて、ドキュメンタリータッチの淡々とした短編しか描かなかったため、日本での作品としての受けはいまいちでした。 しかし80年代に近づくとSF、サイバーパンクブームが巻き起こり、大友克洋も強い影響を受けました。 アメコミのX-Menやスーパーマンのように、超能力を持った人間を大友らしくリアルに描くというスタイルを「童夢」で確立し、これが大ヒットします。 これが大友に長編への自信をつけ、長編大作のAKIRAへの橋掛けとなります。

2.超大作アキラの誕生

大友克洋は自信の大好きな映画監督「黒澤明」から名前を拝借し、AKIRAというタイトルをつけました。 初の長編大作に大友は今までに無く本格的に緻密に描き込みました。 デッサンをしっかり学んだ大友の頭の中にはしっかりと空間が描かれ、その3D空間を迫力あるように迫るカメラアングルという概念をマンガに持ち込みました。 緻密な描写とパースによる安定感のある構図、そして映画のようなカメラワークとリアルな設定のキャラクター達を展開し、80年代コミックの必要要素である不良少年とバイク、友情、恋愛、サイバーパンク、戦いといった全ての要素をぶつけました。

ストーリーとしても不良少年のバイクでの小競り合いから始まり、反政府運動、軍のストライキ、人体実験から文明崩壊、崩壊後のサイバーパンク世界と盛り込めるものを全てを盛り込んだような作風はタイトル通り、敬愛する黒澤明の影響かもしれません。

1982年、大友克洋がAKIRAを連載すると同時に今までに無い緻密でリアルな描写、マンガとは思えない緊迫したカメラワーク、独特で完成度の高いバイクのデザイン、生き生きしたキャラクターに日本中の若者が釘付けになりました。 一番ショックを受けたのは日本の漫画家でした。 マンガでこんなにリアルで完璧な世界を表現できるという事実が衝撃でした。

大友のAKIRAは順調に連載されていきました。 単行本4巻目に差し掛かった時には既に映画化が決定し、当時の日本映画でもアニメでも例の無い制作費10億円という予算が組まれました。 正に日本のマンガ・アニメ界の全勢力を掛けた予算・メンバーでのアニメ製作がたった4巻目で決まってしまったのです。 因みにマンガ版AKIRAも国際出版が決定し、英語に翻訳し、現場でアメコミの出版社が色を付けたものが海外では出版されました。(この海岸版カラーAKIRAは後に逆に日本語に直されて逆輸入・販売されています)

こうして1988年に完成されたアニメ版アキラは国内、そして世界中に強い衝撃を与えました。 この衝撃はジャパニメーションと呼ばれ、「日本のアニメはクオリティがまるで違う、真似の出来ない世界観を持っている」という確固たる影響を与えました。 この後もアニメ「攻殻機動隊」でもう一度強い衝撃を与えることとなります。

アキラの映画予告編 1988 HD

Akira – opening

3.完成された世界観、ネオ東京を滑走する金田のバイク

リアリズムを追求する大友克洋は様々な裏設定を設け、近未来のAKIRAの世界を支えました。 中でも主人公である金田の操作するバイクは人気が高く、当時あの形のバイクはかなりの衝撃で誰も見たことの無い形なのにかっこいいと、以降不動の人気となりました。 1990年代に流行ったビッグスクーターのブームも金田のバイクが潜在的に影響している部分も大きいといいます。

また、日本、世界中のバイク会社が過去に何度もレプリカを製作しており、現在では実走可能でどこまで似せられるかというところまできています。 既に何台も実走可能な金田バイクが発表されており、毎年モーターショーを賑わしています。

ちなみにAKIRAの世界のネオ東京の裏設定ではセミ・イージーオーダーシステムが発達している為、自由なデザインのバイクを比較的安易に作ることができ、その為様々な種類のバイクが作中にも混在して登場するらしいです。

また、現在でも発表され続けている金田のフィギュアには高確率でバイクがついてきます。 これはAKIRAという作品の中でも世界観の構築にバイクが強い影響を与えている事を実証していると言えます。

4.AKIRAの裏設定・シノプス

超大作AKIRAには、劇中には語られていない様々な裏設定が存在し、こうした設定がキャラクターの性格やリアルな世界観の構築に役立っています。 ここでは、意外と知られていないAKIRAの裏設定を紹介します。

・AKIRA実写版 映画化?
この話はかなり前から進んでおり、世界中に強い固定ファンをもつ伝説的作品だけに脚本の段階でかなり苦労しているそうです。 プロジェクト事態がかなりの重荷である為、一度は中止になりかけましたが2009年からプロジェクトは再始動し、2010年現在は脚本詰めと監督決めの段階らしいです。

・登場人物の名前
大友は「鉄人28号」からの影響が強く、主人公の名前はそのまま「鉄人28号」の「金田正太郎」からとっています。 また、アキラが28号であるのも、「鉄人28号」の”28号”からであり、鉄男の名前も「鉄人28号」に登場する敷島博士の息子である敷島鉄雄から取られています。

・主人公 金田正太郎の過去設定
劇中では語られないが、クリーニング店経営の両親と障害を持つ弟がいたという設定があります。 父親は弟の看病疲れでアルコール依存症を患い、母親は蒸発し、父親に扶養能力が無くなった事で、養護施設入りなります。 その後は寄宿制の中学校に入学するも、翌年に非行に走り、さらに警察沙汰を起こして退学されられます。 職業訓練校に編入し、バイクチームを結成、マンガの舞台へと続きます。
2003年9月5日生まれ。

・島鉄雄の過去設定
裏設定として、3歳の頃に父親を失い、両親は入籍していなかった為、母親の親族からは父親の子として疎まれます。 またその翌年に母親が再婚したことで別の家庭の養子として引き取られ、養父母との関係に馴染めず、小学校入学後に何度も家出を繰り返します。 8歳の頃に養父母の手で実母に返されることとなったが、実母は拒否し、養護施設入りに。そこで金田と出会い、その後はまた別の家庭の養子として引き取られ、中学校に進学するも、登校拒否や家出の常習犯となり、13歳の頃に警察沙汰を引き起こします。それから翌年後に職業訓練校に編入。金田のバイクチームに加わることになります。
2004年7月29日生まれ。

・山形の過去設定
ヤクザの父親とホステスの母親がいたが、父親は山形が2歳の頃に逮捕されて裁判で懲役25年の実刑判決を受けて服役中。その後は母親と同居。母親は男を変える度に出産を繰り返し、山形に弟と妹が次々にできる。12歳の頃に弟や妹の為にお菓子の万引きを犯したことで、警察沙汰を引き起こし、その翌年に母親が新興宗教に入ってからは家出をする。さらに翌年に職業訓練校に入学したのちに金田のバイクチームに加わる。2003年11月9日生まれ。

・甲斐(かい)の過去設定
父親が建設業の経営者であることから裕福な家庭に育ち、私立小学校では優秀な成績を残す。12歳の頃に私立中学校に入学するも、父親が同性愛者であることを告白して家出したことから人生の歯車が狂い出す。先輩の出る卒業式には在校生代表として「人生はジョークか」という文章を発表したことから停学処分を受けたのちに中退。その後は職業訓練校に入学し、金田のバイクチーム入りに。
2004年1月8日生まれ。

・ケイの過去設定
反政府ゲリラの少女であり、兄の後輩である竜とは息の合ったコンビだった。当初は竜を慕っていたが偶然出会った金田に窮地から助けられ、言い寄られるのを拒否しつつも行動を共にするようになる。 教師の父親と14歳年上の兄がいたが、5歳の時に父親は病死。以後は学生運動を行う兄のもとで育つも、兄はとある事件の容疑者として逮捕のち獄死。死因は自殺として処理されたが、未だに不審点が残っている。その後は兄の後輩にあたるリュウのもとへ引き取られ、反政府ゲリラに加わる。
2002年3月8日生まれ。

・大佐の過去設定
アーミーの実質的な最高指揮官で、凍結されたアキラの最高管理者でもあった。名字は敷島。防衛庁職員の父親がアキラの災厄に遭って死亡した事から、アキラにこだわる。 名前のモデルは、『鉄人28号』で鉄人計画に関わり鉄人28号を開発した敷島博士。
父親の死後の3年間は母親と兄弟と共に過ごす。16歳の頃に夜間学校に入学し、アルバイトの傍ら勉学に励む。卒業後は士官学校に入学し、優秀な成績で卒業。幹部候補生学校に推薦で入学し、卒業後にアーミーに入隊。翌年にはアメリカ国防総省に留学し、帰国後は陸軍特殊部隊を設立して指揮官に任命され、さらに32歳の頃には父親が加わっていた「アキラ・プロジェクト」の指揮官に任命される。
1977年11月15日生まれ。

(一部Wikipediaより)

4.AKIRA まとめ

AKIRAの世界は大友克洋による徹底したリアリズムと、緻密な世界設定によってなりたっていますが、それよりも何よりも大友克洋自身の絶対的な画力によるところも強いです。 例え全く同じ話であっても、あのマンガを大友克洋以外の人が描いたとしたら全く違う印象になったであろう事は確実です。

これがマンガのおもしろいところで、ストーリー、設定、キャラクター等の要素だけでなくマンガは「絵」そのものが強烈に作品に味をつけます。 そういう意味で大友克洋の絵は実に完成度が高く、正直今でもあれだけの衝撃を与えられる絵を描ける漫画家はいないのではないかというほどの完成度です。

マンガを読むほとんどのユーザーは、芸術性やストーリーの巧妙さよりも単純に楽しみたいと思っています。 大友克洋のAKIRAは、エンターテイメントとしても、作品としての質も全てにおいて成功した正に人類にとっての「衝撃作」であったと言えます。 最近は息子さんもイラストレーターとして活躍しているようで、こちらも期待したいですね。

Related Post 関連記事
中村佑介 (なかむら ゆうすけ) 日本の新鋭イラストレーター アジカンCDジャケットからアニメ四畳半神話大系まで すみません、前回のあいさつ文のままブログを更新して気づきもしなかったアルバトロデザイン代表 猪飼です。 最近はアルバトロデザインでオリジナルTシャツの制作や、公式サイトのデザイ...
手塚治虫 現代の日本文化にマンガとアニメを植えつけた漫画の神様   最近感動した時、もっと喜びを表現できるようになりたいと思うアルバトロデザイン代表 猪飼です。 欧米人のように、いやむしろラテンな感じで嬉しい瞬間は嬉しいと言う事をもっと自己...
アルザック Arzach 宮崎駿、大友克洋、松本大洋が憧れたアートコミック   喉風邪がなかなか治らず、マスク生活を強いられている猪飼です。 大人しくしていればそこまで辛くは無いので大人しく仕事をしています。 昔は趣味で、好きな作家の画集を買ってマネす...
Zhou Fan (チョウ・ファン) 中国若手アーティストによるAKIRA的アート 最近はアジア全域から優れたアーティストやデザイナーの台頭が目立ちます。 香港や中国本土、台湾や韓国、タイ等から優れたクリエイターが国境を越えて次々と輩出されています。個人的に...








にほんブログ村 デザインブログへ FC2 ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

← Previous post

Next post →

6 Comments

  1. バイク屋として、アキラとは切ってもきれない存在ですが、自分もファンのひとりです。当時まだ幼かった自分には衝撃的な内容で、深く理解するには至らなかったので、あらためて見たくなりました。
    4年前に、たまたまカニエウエストのPVに参加する機会があり、そのときもカニエ側のイメージするのもとしてアキラのDVDを見せられ映画のワンシーンを再現する的な感じで撮影が行われました。。。アキラの世界的な影響力を肌で感じる出来事でした。。。
    最近では、電気モーターのバイクも200㌔オーバーの性能なので、完全なレプリカが出てくるかも知れませんね。。。
    今日もストライクなネタを楽しませていただきました。。。。

  2. IKAI

    >brfさん
    そういえばカニエのPVでものすごくアキラっぽいのありましたね!
    電気バイクも技術的には既に再現は可能らしいですね。
    実写版アキラでは出てくるのでしょうか・・・
    アキラのDVDはデジタルリマスターした際にバイクの部分を中心にかなりカットが追加されているので、久々に観直すにはお勧めです!

  3. こんばんわ。
    AKIRA好きです。
    LDを持ってます。盤には設定資料集、絵コンテなども入っており、
    ジャケットもでかいし、いいのですが、、、、、LD。
    押井守も好きで「押井守全集」37000円くらいだったかもLD。
    便利になるのはいいですけど。
    ただ単にジャケットがでかいのはうれしですけど、、。

  4. IKAI

    >mazzaさん
    LD懐かしいですね!そして高い!!
    でもLDはレコードみたいにカバーが大きいのでジャケットもかっこいいですよね。
    飾るにしても、中身が入ってるとやっぱり重みがあっていいです。
    私も記事書いていてついフルカラーのアキラの古本買ってしまいました・・・

  5. An unknown french fan

    Akira is a really nice movie. I watched it with two friends, and in Tokyo, in fact the better situation to watch this movie.
    Your blog is really good, keep on! But translate it in english, please, I really want to read your articles.

    Kuroi, Radio…

  6. IKAI

    Hi Tibo!
    I can see from your e-mail man! I tryed to translate, but its taking time…
    Myabe better I should get used to do it. Its good for my English skill as well.
    But really busy these days… so i put google auto translation parts on side bar.
    Plz try it and give me your opinion!

コメントを残す